Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ローマコイン 共和政終焉期 前42-前40年 セクストゥス・ポンペイウス(ポンペイウスの次男) デナリウス銀貨 メッサーナの灯台 海の怪物スキュラ 第2回三頭政治に対抗したセクストゥス・ポンペイウスのコイン 

古代ローマコイン 共和政終焉期 前42-前40年 セクストゥス・ポンペイウス(ポンペイウスの次男) デナリウス銀貨 メッサーナの灯台 海の怪物スキュラ 第2回三頭政治に対抗したセクストゥス・ポンペイウスのコイン 

販売価格: 300,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ローマコイン 共和政期 セクストゥス・ポンペイウス デナリウス銀貨

前42ー前40年、シチリア島カターニア発行

オモテ:MAG PIVS IMP ITER (Magnus Pius Imperator Iterum マグヌス ピウス インペラトル 2回目)
メッサーナの灯台 中央にネプトゥヌスの像がある灯台 手間にガレー船 ガレー船の左端には鷲の軍旗

ウラ:PRAEF CLAS ET ORAE MARIT EX SC (Praefectus classis et orae maritimae ex senatus consulto 艦隊と沿岸の長官 元老院の承認によって)
海の怪物スキュラ(腰からは3頭の犬が生えている) 両手で舵を持って船を襲っている
 
サイズ:3,42g 17mm


ポンペイウスの息子セクストゥス・ポンペイウスが前42-前40年にシチリアを占拠し、第2回三頭政治側と戦った時に発行したデナリウス銀貨。
オモテ面には、シチリアのメッサーナ(現メッシーナ)にあった灯台と海戦の勝利を意味するガレー船が表されている。
ウラ面にはメッサーナ海峡に出没した怪物スキュラが表されている。
スキュラは元々は美しい娘で多くの者が彼女に求婚した。
ある日、海神グラウコス(海神ポセイドンの息子)はスキュラに一目ぼれし、魔女のキルケに惚れ薬をもらおうとした。
しかし魔女キルケがグラウコスに惚れてしまい、グラウコスがこれを拒絶すると、キルケは怒ってスキュラを怪物に変えてしまった。
スキュラは3重の歯が生えた口を持つ6つの頭と12本の足を持つ姿となってしまった。一説ではスキュラの腰からは犬の頭が生えており、その犬が吠えて餌食を求めたという。
このコインのスキュラも腰から3頭の犬が生えている。
スキュラはメッサーナ海峡の渦巻カリュブディスの洞窟に住み船乗りを襲い船を難破させた。


貨幣発行人:セクストゥス・ポンペイウス (ポンペイウスの次男)

前48年、父ポンペイウスがファルサルスの戦いでカエサルに破れ、エジプトで殺された後、息子セクストゥス・ポンペイウスはヒスパニアに逃れた。
ヒスパニアはもポンペイウスが属州総督を務めた場所であったため、ポンペイウス派の地であった。
セクストゥス・ポンペイウスはガリア戦争で活躍した名将ラビエヌスと兄、小ポンペイウスと共に、カエサルへの抵抗を続けたが、前45年ムンダの戦いで、小ポンペイウスとラビエヌスは殺された。
カエサルの暗殺後、前44年、セクストゥス・ポンペイウスはアントニウスと和解し、翌年には艦隊と沿岸長官として、マルセイユに赴任した。
しかし、前43年10月の第2回三頭政治が締結されると、セクトゥス・ポンペイウスはプロスクリプティオ(公権剥奪公示)され、国賊とされた。
前42年、セクストゥスはマルセイユを離れ、シチリア島を占拠し、オクタウィアヌスより派遣されたクイントゥス・サルウィデエヌス・ルフスの艦隊に勝利し、海神ネプトゥヌスの息子と名乗り、ピウス(孝行者)の称号を名に加えた。
オクタウィアヌスと和解するも、再び蜂起し、アグリッパに制圧され、前35年にはミレトスで捉えられ、処刑された。


前42-40年発行、父ポンペイウスの肖像が刻まれたセクストゥス・ポンペイウスのコイン