Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ギリシャコイン オルビア イルカのコイン 前5-前4世紀

古代ギリシャコイン オルビア イルカのコイン 前5-前4世紀

販売価格: 25,000円(税込)

数量:

作品詳細

ギリシャコイン オルビア イルカのコイン

前5-前4世紀発行

サイズ:1,42g 28mm

イルカのコイン
紀元前5-4世紀に黒海北岸のオルビア(現在のウクライナ)で発行された青銅のイルカ。
このイルカそのものの形をした青銅は、コインの原型の一形態としてオルビアで流通しました。しかし、貨幣として流通していたのか、奉納品として作られたものなのかはわかっていません。
オルビアはイオニア人の都市ミレトスがつくった植民市でした。
当時、繁栄していたミレトスは莫大な数の商船を抱えていたこと、また海上戦争のためには拠点が必要であったことから、植民市の建設は非常に重要でした。ミレトスがつくった植民市の1つがオルビアです。
オルビアはギリシア世界の重要な商業拠点となり、ギリシア-スキタイ人の都市として栄えました。
イルカはギリシア世界では、知能があること、温厚さから神聖な動物として認められ、海神ポセイドンの聖獣でもあります。
海に面し、海上貿易を行っていた彼らが、イルカをコイン(もしくは奉納物)の意匠として取り入れたのは、自然の成り行きであったと感じます。