Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ローマコイン 共和政終焉期 コルディウス・ルフス 前46年 デナリウス銀貨 ウェヌス神肖像 イルカに乗るクピド

古代ローマコイン 共和政終焉期 コルディウス・ルフス 前46年 デナリウス銀貨 ウェヌス神肖像 イルカに乗るクピド

販売価格: 50,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ローマコイン 共和政期 コルディウス・ルフス デナリウス銀貨

前46年、ローマ発行

オモテ:RVFVS SC (Rufus Senatus Consulto ルフス 元老院の承認を得て)
右向きのウェヌス神肖像

ウラ:MN CORDIV (Manius Cordius マニウス・コルディウス)
イルカに乗るクピド(エロス)

貨幣発行人:マニウス・コルディウス・ルフス
この貨幣発行人はトゥスクルム出身で、プラエトラル(財務官)を務めたことがあること以外はわかっていない。
いかし、コインオモテ面にウェヌス神を表していることから、カエサル派の人物であると推測されている。

ウラ面にはイルカに乗るクピド(エロス)が表されている。
イルカは海から誕生したアフロディーテ(ウェヌス)の聖獣。エロスはアフロディーテの子供であるため、よくイルカと共に表される。

イルカとエロス像 2世紀頃 ナポリ考古学博物館