Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ローマコイン  共和政終焉期 前48年 ブルートゥス・アルビヌス デナリウス銀貨 マルス神 ガリア人の縦笛 後にカエサル暗殺者の1人となるデキムス・ブルートゥスのコイン

古代ローマコイン  共和政終焉期 前48年 ブルートゥス・アルビヌス デナリウス銀貨 マルス神 ガリア人の縦笛 後にカエサル暗殺者の1人となるデキムス・ブルートゥスのコイン

作品詳細

古代ローマコイン 共和政期 ブルートゥス・アルビヌス デナリウス銀貨

前48年、ローマ発行

オモテ:右向きのマルス神の肖像

ウラ:ALBINVS BRVTI F (Albinus Bruti Filius アルビヌス ブルートゥスの息子)
クロスした2本のCaryx(カルニュクス:ケルト人が戦いの際に敵を威嚇するためにふいた縦笛)、楕円型の盾、車輪

サイズ:3,65g 18mm

貨幣発行者:デキムス・ポストゥミウス・アルビヌス (デキムス・ユニウス・ブルートゥス・アルビヌス)

デキムス・ユニウス・ブルートゥスは前77年の同名の執政官の息子であったが、アウルス・ポストゥミウス・アルビヌスの養子となったため、デキムス・ポストゥミウス・アルビヌスと名乗った。
ガリア戦争中、カエサルの下で活躍したため、カエサル派の重要人物であった。
しかし、前44年のカエサル暗殺に加わり、前44-前43年、ブルートゥス、カッシウスと共に、共和政派として、アントニウス、オクタウィアヌスと対峙した。
ムティナの戦いの後、アントニウスを追跡中に殺害された。

オモテ面には軍神マルス、ウラ面にはガリア人を象徴するカルニュクスが表されている。
この貨幣発行人デキムス・ブルートゥスのガリア戦争での功績を意味している。