Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ローマコイン 共和政期 マニウス・フォンテイウス 前85年 デナリウス銀貨 アポロンまたはウェイヨウィス肖像 ヤギとクピド

古代ローマコイン 共和政期 マニウス・フォンテイウス 前85年 デナリウス銀貨 アポロンまたはウェイヨウィス肖像 ヤギとクピド

作品詳細

古代ローマコイン 共和政期 デナリウス銀貨 マニウス・フォンテイウス

前85年、ローマ発行

オモテ:MN FONTEI CF (Manius fonteius Caii Filius マニウス フォンテイウス カイウスの息子)
右向きのアポロン肖像(またはウェイヨウィス肖像)、首の下に雷挺 顎の下にROMAを表すモノグラム

ウラ:リースの中に、ヤギにまたがるクピド (またはアマルティアのヤギに乗る幼少期のゼウス)
ディオスクロイの帽子2つ、テュルソスの杖

貨幣発行者:マニウス・フォンティウス


オモテ面の青年の肖像は、アポロン神または、ウェイヨウィス神と推測されている。
ウェイヨウィスはローマの古い神で下界のユピテルと考えられた、あまり詳しいことはわかっていない、雷霆を持った姿やヤギと共に表される。

ウラ面にはヤギにまたがるクピドが表されている。幼児の体から翼が生えていることからクピドと推定されることもある。
またはアマルティアのヤギに乗る幼少期のゼウスとも推定される。
さらに、ヤギの下にはバッカスの持ち物であるテュルソスの杖があることから、ヤギはサテュロスの象徴で、子供はバッカス(ディオニュソス)とする見方もできる。

幼児期のデュオニソスをあやすサテュロスの彫像 ヘレニズム時代のギリシャ彫刻のローマ時代の模作 2世紀


ヤギが大きく、ディオスクロイの帽子がヤギの両端にくるタイプもある