古代ギリシャコイン(額装付き) イタリア・カラブリア州タラス ドラクマ銀貨 前281-前272年 スキュラの装飾兜のアテナ神 雷霆に乗るフクロウ

古代ギリシャコイン(額装付き) イタリア・カラブリア州タラス ドラクマ銀貨 前281-前272年 スキュラの装飾兜のアテナ神 雷霆に乗るフクロウ

販売価格: 200,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ギリシャコイン イタリア半島カラブリア地方 タラス ドラクマ銀貨 (額装付き)

前281-前272年発行

オモテ:スキュラが装飾された兜を被った左向きのアテナ神

ウラ:雷霆の上に乗る梟

サイズ:3,26g 14mm
額のサイズ:147mm×167mm

タラント位置

イタリア半島カラブリア地方のタラスは最も繁栄したギリシャ都市の1つ。ラテン語ではタラントゥムと呼ばれたため、タラントと表記される場合も多い。
前8世紀にスパルタが建設した植民市。
哲人アルキュタスによって、前4世紀に最盛期を迎えた。
前272年にはローマの支配下に入った。
第2次ポエニ戦争時には、ハンニバルに占領されたが、前209年、再度ローマの支配下となった。


<スキュラ>
メッサーナ海峡に出没した怪物。
スキュラは元々は美しい娘で多くの者が彼女に求婚した。
ある日、海神グラウコス(海神ポセイドンの息子)はスキュラに一目ぼれし、魔女のキルケに惚れ薬をもらおうとした。
しかし魔女キルケがグラウコスに惚れてしまい、グラウコスがこれを拒絶すると、キルケは怒ってスキュラを怪物に変えてしまった。
スキュラは3重の歯が生えた口を持つ6つの頭と12本の足を持つ姿となってしまった。一説ではスキュラの腰からは犬の頭が生えており、その犬が吠えて餌食を求めたという。
スキュラはメッサーナ海峡の渦巻カリュブディスの洞窟に住み船乗りを襲い船を難破させた。