Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ギリシャコイン シチリア島、都市エリュクス オンキア銅貨 前400-前390年 シチリア島の猟犬、チルネコ・デル・エトナのコイン

古代ギリシャコイン シチリア島、都市エリュクス オンキア銅貨 前400-前390年 シチリア島の猟犬、チルネコ・デル・エトナのコイン

販売価格: 250,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ギリシャコイン シチリア島・エリュクス オンキア銅貨

前400-前390年、シチリア島・エリュクス発行

オモテ:右向きの青年の肖像

ウラ:EPYKINON (エリュクスの)
ウサギを踏みつけ、ふりむく犬 犬の右側に球

サイズ:3,10g 14mm

エリュクス位置

<エリュクス>
シチリア島西部ドレパナ北方にあったエリミ人の都市。現在のエーリチェにあたる。
エリミ人、またはエリモイ人と呼ばれるシチリア西端の最古の住人。エリュクスの他セジェスタも建設。
トゥキディデスによればエリミ人はトロイからの亡命者であるとされていたが真実はわかっていない。
前5世紀はセジェスタに隷属し、のちカルタゴに占領され、住民はドレパナに移されたが、前241年ローマの支配下に入った。

<青年の肖像>
青年の肖像。おそらく男神の肖像。

<犬>
犬は狩猟動物として家畜を守る重要な動物、また人間の随伴者としての役割から忠誠の象徴である。
一方、死や不浄のシンボルでもある。
ギリシャ神話には冥界の入口を守る地獄の犬ケルベロスが登場する。
また犬はギリシャ神話のアルテミス神、アレス神に付随する動物でもある。

<シチリア島の猟犬>

シチリアのハウンドドッグ、チルネコ・デル・エトナ
シチリア島にはチルネコ・デル・エトナと呼ばれる有名な猟犬がいる。
古代エジプトのチズムという犬種が祖先で、フェニキア人がシチリア島に持ち込んだと推測されている。
コインに刻まれている猟犬はこのチルネコ・デル・エトナによく似ており、ウサギを捕まえている。