Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ローマコイン 帝政期 アントニヌス・ピウス テトラドラクマ銀貨 142-143年 エジプト・アレクサンドリア発行 不死鳥フェニックス

古代ローマコイン 帝政期 アントニヌス・ピウス テトラドラクマ銀貨 142-143年 エジプト・アレクサンドリア発行 不死鳥フェニックス

販売価格: 95,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ローマコイン 帝政期 アントニヌス・ピウス テトラドラクマ銀貨

エジプト・アレクサンドリア、142-143年発行

オモテ:ANTωNINOCCEBEVCEB
月桂冠を戴いた右向きのアントニヌス・ピウス肖像

ウラ:AIωN(永遠) LS(統治6年=142-143年)
フェニックス(火の鳥)

サイズ:12,84g 24mm

ウラ面に刻まれた銘AIωNはギリシャ語で永遠を意味し、フェニックスも永遠のシンボルである。
アントニウス・ピウスの統治が未来永劫続くことを願いフェニックスの図像がコインに表された。

<フェニックス>
古代エジプトの太陽崇拝と関連する伝説上の霊鳥。
永遠、再生、太陽のシンボル。
古代では放射状光背を持った姿であらわされた。
この鳥はわしと同じ大きさで羽は燃えるような赤と金色で、美しい声で鳴き、500年以上生きるが、一度に一羽のみ生存する。寿命が尽きる頃、香木や香料で巣を作り、その中にこもって火をつけて焼け死ぬが、その灰の中から新しい若鳥が生まれ、没薬の卵に父の遺灰を入れてエジプトのヘリオポリスに飛び、太陽神殿の祭壇に安置するという。