Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ギリシャコイン シチリア島 シラクサ 前400年頃 銅貨 コリントス式兜のアテナ神 ヒッポカムポス

古代ギリシャコイン シチリア島 シラクサ 前400年頃 銅貨 コリントス式兜のアテナ神 ヒッポカムポス

販売価格: 45,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ギリシャコイン シチリア島シラクサ ブロンズ貨 

前400年頃発行

オモテ:SURA(Syracuse シラクサ) コリント式兜を被った左向きのアテナ神の肖像
ウラ:左向きのヒッポカムポス(海馬)

サイズ:6,42g 13mm


<シラクサ>
シチリア島南東沿岸の都市国家。地中海世界で最も繁栄した都市の一つ。
前734年または前733年にコリントスの植民市として建設された。
前485年、ゲラの僭主ゲロンがシラクサの僭主となり、シラクサは黄金時代を迎えた。
この頃建造されたと推定されている巨大なギリシャ劇場は現在は世界遺産。シラクサの観光名所である。

シラクサの劇場、上方客席からは海が見渡せる。

シラクサの劇場、舞台側から撮影。

前480年、カルタゴがシチリアに侵入した際はアクラガスの僭主テロンと同盟を結びヒメラで撃退、ギリシアに勝利をもたらした。
このカルタゴに対する勝利の際に、シラクサの僭主ゲロンの妻(アクラガスの僭主テロンの娘)デマレーテは、夫ゲロンにカルタゴ人に対して寛大な処遇をするように頼んだとされている。
これに感謝したカルタゴはデマレーテに黄金の冠を送ったとされる。
この黄金の冠が元手となり、シラクサの美しい銀貨が発行されたという言い伝えもある。
前212年、第二次ポエニ戦争時、ローマに陥落。
この時シラクサの科学者アルキメデスが反射鏡や起重機を考案し、ローマ軍を苦しめ、シラクサはローマ軍の攻撃に3年間も持ちこたえたとされる。


<ヒッポカムポス>
ギリシャ神話の前半分は馬、後ろ半分は魚の形をした動物。海馬と呼ばれる。
海神ポセイドンに付随する動物でもある。

このコインのヒッポカムポスには上半身から立派な翼が生えている。

古代ローマ、オスティア・アンティカ遺跡のヒッポカムポスのモザイク