Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ローマコイン ユリウス・カエサル 前42年 デナリウス銀貨 ユリウス・カエサル肖像 牛 神格化されたユリウス・カエサルのデナリウス銀貨

古代ローマコイン ユリウス・カエサル 前42年 デナリウス銀貨 ユリウス・カエサル肖像 牛 神格化されたユリウス・カエサルのデナリウス銀貨

作品詳細

古代ローマコイン ユリウス・カエサル デナリウス銀貨

前42年、ローマ発行

オモテ:月桂冠を戴いた右向きのカエサル肖像 肖像の前にケリュケイオン(伝令の杖) 後ろに月桂樹の枝

ウラ:L LIVINEIVS REGVLVS (Lucius Livineius Regulus ルキウス・リウィネイウス・レグルス) 牛

貨幣発行者:ルキウス・リウィネイウス・レグルス

サイズ:3,40g 18mm

カエサルが神格化された前42年に発行されたデナリウス銀貨。
オモテ面にはカエサルの肖像と共に、ケリュケイオンと月桂樹の枝が表されている。
ケリュケイオン(カドゥケウス)はメルクリウスの持ち物であり、月桂樹はユピテルやアポロの持ち物である。
神々のアトリビュートと共に表されたカエサルの肖像はカエサルの神格化を強く示している。

ウラ面に表された牛は、カエサルのタプソスの戦いの際の牛の生贄のエピソードを表していると、学者クロフォードは推測している。
カエサルはタプソスの戦いの勝利を祈願し、牛の生贄を神に捧げようとしたが、牛が逃げるというハプニングが起こった。
しかし、カエサルはこれを悪い兆しとは解釈せず、動ぜず戦いに挑み、見事勝利を得たことから、牛は勝利の兆候を表しているという。