Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ギリシャコイン イタリア・カンパニア地方 ネアポリス 銅貨 前270-前225年 人面牛とNEOΠOΛITΩN(ネアポリスの)銘

古代ギリシャコイン イタリア・カンパニア地方 ネアポリス 銅貨 前270-前225年 人面牛とNEOΠOΛITΩN(ネアポリスの)銘

販売価格: 150,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ギリシャコイン ネアポリス 銅貨

前270-前225年発行

オモテ:左向きのアポロン肖像

ウラ:(NEO)ΠOΛITΩN (ネアポリスの)
人面牛(アケローオス?)

サイズ:1,60g 13mm

<ネアポリス>
現イタリア、カンパニア地方、ナポリにあった都市。
ネアポリスは元々は前8世紀頃にロードス人の植民市として創設され、都市の名はパルテノペであった。
前600年頃にはクマエ人の植民市となり、前450年頃に、アテネ人などの入植によって、都市はネアポリス(新しい都市)に改名されたという。
前326年、サムニウム戦争中、ネアポリスはサムニウム人と同盟を結んでいたが、ローマ軍に都市が占拠され、以後ネアポリスはローマと同盟を結んだ。