Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。

古代ローマコイン 共和政期 前74年 プラエトリウス・ケスティアヌス デナリウス銀貨 ユノ・モネタ神肖像 カエストゥスを持った優勝ボクサー

古代ローマコイン 共和政期 前74年 プラエトリウス・ケスティアヌス デナリウス銀貨 ユノ・モネタ神肖像 カエストゥスを持った優勝ボクサー

作品詳細

古代ローマコイン 共和政期 プラエトリウス・ケスティアヌス デナリウス銀貨

前74年、ローマ発行

オモテ:MONETA (モネタ) SC (Senatus Consulto 元老院の承認を得て) 右向きのユノ・モネタ肖像

ウラ: L PLAETORI (Lucius Plaetorius ルキウス・プラエトリウス) L F Q S C (Lucius Filius Quaestor Senatus Consulto ルキウスの息子 クワエストル(財務官) 元老院の承認を得て)
優勝したボクサー 右手には優勝者のシンボルであるシュロの枝 左手にはカエストゥス(ボクシングの籠手)
下にはアンフォラ 

サイズ:4,40g 18mm

貨幣発行人:ルキウス・プラエトリウス・ケスティアヌス
この人物はクワエストル(財務官)であったこと以外は詳しくわかっていない。
キケロの文献に、元老院議員として登場するルキウス・プラエトリウス・ケスティアヌスと同一人物かと推測されている。


ウラ面に競技会で優勝したボクサーが表されている。古代ローマ共和政期のコインでボクサーが表されたのはこのコインのみである。
ボクサーが持っているカエストゥス(caestus)がこの貨幣発行人のコグノーメン(添え名)Cestianusを示唆していると推測されている。

休息するボクサー ローマ国立博物館




オモテ面にはモネタ神が表されている。
モネタは女神ユノの呼称の1つ。
MonetaはMoneo(警告する、予言する)の動詞に由来するとされる。
ユノ・モネタの神殿は、前344年にカピトーニの丘に建てられ、コインの発行所が神殿に付随していたために、コインはMoneta モネタと呼ばれた。
Monetaは英語money、仏語monnaieの語源。



古代オリンピックについて詳しくは、下をクリックしてご覧ください。

古代コイン芸術展 古代オリンピック