Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ローマコイン 帝政期 オタキラ・セウェラ フィリップス・アラブスの皇后 248年 アントニニアヌス銀貨  オタキラ・セウェラ肖像 ローマ建国千年祭、カバのコイン

古代ローマコイン 帝政期 オタキラ・セウェラ フィリップス・アラブスの皇后 248年 アントニニアヌス銀貨  オタキラ・セウェラ肖像 ローマ建国千年祭、カバのコイン

作品詳細

古代ローマコイン 帝政期 オタキラ・セウェラ フィリップス・アラブスの皇后 アントニニアヌス銀貨

248年、ローマ発行

オモテ: OTACIL SEVERA AVG (Otacilia Severa Augusta オタキリア セウェラ アウグストゥス) 
オタキラ・セウェラの肖像 肖像の下には三日月

ウラ:SAECVLARES AVGG (Saeculares Augustorum アウグストゥスたちの世紀祭)  III(4)
カバ


248年、ローマ建国千年祭の時に発行されたオタキラ・セウェラのコイン。
ウラ面にはSAECVLARES AVGG (Saeculares Augustorum アウグストゥスたちの世紀祭) と刻まれている。
世紀祭では、競技会や剣闘士試合などが行われた。
古代ローマでは様々な動物が剣闘士試合に使われた。
コインウラ面のカバは世紀祭を象徴している。


オタキラ・セウェラ
皇后244-249年
パンノニア総督セウェルスの娘であったオタキラ・セウェラは234年頃にフィリップス・アラブスと結婚。
息子のフィリップ2世を生んだ。
244年、フィリップス・アラブスが帝位につき、オタキラ・セウェラにもアウグスタの称号が与えられた。
247年に4歳か5歳の息子フィリップス2世もアウグストゥスの称号を得て、父の共治帝となった。
248年、フィリップス・アラブスはローマ建国千年祭を開催した。
249年、フィリップス・アラブスが戦死し、息子フィリップ2世も殺された。
これ以降オタキラ・セウェラがどうなったかはわかっていない。