古代ローマコイン 帝政期 マクシミヌス・トラクス 235-238年 10アッサリオン銅貨 キリキア・タルソス発行 三美神が刻まれたローマコイン

古代ローマコイン 帝政期 マクシミヌス・トラクス 属州貨(キリキア・タルソス) 10アッサリオン銅貨(10アス銅貨)

235-238年、キリキア・タルソス発行

オモテ:右向きの月桂冠を戴いたマクシミヌス・トラクスの肖像

ウラ:三美神

サイズ:31,50g 35mm

マクシミヌス・トラクス帝のウラ面に三美神が刻まれた希少な銅貨。
三美神は三人姉妹の美の女神。そのバランスのとれた美しさから古代ギリシャから彫刻などの題材によく使われた。
三美神はこのコインに挙げられるように、属州で発行された古代ローマコインのウラ面の意匠に使われることがあったが、数は非常に少ない。

キリキア・タルソス位置

<タルソス>
キリキア地域(トルコ南東部、地中海沿岸を占める地域)の都市。前5世紀から7世紀のアラブの侵略まで繁栄したが、これは土地が肥沃であり、「キリキアの門」というトロス山脈越えの唯一の通路の南口であったこと、レーグマという良港があったことによる。
アッシリア王センナケリブ(前704-681年)による市の再建が最古の歴史記録であるが、アケメネス朝、セレウコス朝などの支配を経て、前67年の新設のローマ属州キリキアに吸収された。
アントニウスとクレオパトラの初めての出会いの場所としても有名。

<マクシミヌス・トラクス>

マクシミヌス・トラクス彫像
在位235-238年
235年、ゲルマニアでアレクサンデル・セウェルスが軍団によって殺害され、マキシミヌス・トラクスが皇帝に推戴された。
マキシミヌス・トラクスのトラクスはトラキア人(現ブルガリア)の意である。
ローマ人にとっては、トラキアは奴隷で有名な土地であった。
トラキア出身者がローマ皇帝になることは初めてであった。
238年、マキシミヌス・トラクスへの反感により、北アフリカの属州総督ゴルディアヌス1世が現地で皇帝に推戴された。この時ゴルディアヌス1世は80歳であったため、46歳の息子、ゴルディアヌス2世も皇帝に推戴された。
これにより、マキシミヌス・トラクスは全軍を召集し、ローマへと向かった。
一方、ゴルディアヌス親子はヌミディア総督カぺリアヌスに掌握され、2人とも死亡した。彼らの皇帝在位期間はわずか20日間であった。

ゴルディアヌス親子の死、マキシミヌス・トラクスのローマへの進軍を知って、ローマの元老院は、危機感により、元執政官の貴族バルビヌスとプピエヌスを皇帝に推戴した。
この2人の貴族の皇帝即位に怒ったローマ市民は自殺したゴルディアヌス1世の孫ゴルディアヌス3世を皇帝に即位させるように要求した。
これにより、ゴルディアヌス3世は「カエサル」(副帝)の称号を得た。

238年4月、北イタリアのアクイレイアで、マキシミヌス・トラクスはローマ進軍を阻止され殺害された。

<三美神>
美と優雅の三女神。ローマではグラーティアエ(gratiae)と呼ばれた。
ギリシャ神話のカリテス(Charites)に当たる。
Aglaia(輝き)、Euphrosyne(喜び)、Thalia(開花)の三姉妹。

三美神の彫刻 オスティア・アンティカ出土 1-2世紀頃

三美神の壁画 ポンペイのデンタトゥス・パンテーラの家より出土 1-50年頃
古代ローマコイン 帝政期 マクシミヌス・トラクス 235-238年 10アッサリオン銅貨 キリキア・タルソス発行 三美神が刻まれたローマコイン

販売価格: 60,000円(税込)

数量: