Parisii パリシーは時を越え古代ギリシャ・ローマ世界と出会うギャラリーです。
2000年以上前の古代ギリシャ、古代ローマ時代に実際に使われた大変貴重な貨幣(古代ギリシャコイン、ローマコイン、ケルトコイン)を専門に販売しています。
作品の選定には歴史的価値・芸術的価値に重きを置き、厳選に厳選を重ねております。
過去に販売した作品、当ギャラリーのコレクション等も、古代コイン図鑑として年代順に掲載させて頂いておりますのでご参照下さい。
また、古代ギリシャ・ローマ世界に関連するアンティーク作品等も販売しております。こちらもお楽しみ下さい。
なお、お問合せはホームページ右上のお問合せフォームよりお願い致します。

古代ローマコイン 帝政期  マルクス・アウレリウス  皇后ファウスティナ2世 176年 デナリウス銀貨 ファウスティナ2世逝去のコイン ユノ神の聖鳥クジャク

古代ローマコイン 帝政期  マルクス・アウレリウス  皇后ファウスティナ2世 176年 デナリウス銀貨 ファウスティナ2世逝去のコイン ユノ神の聖鳥クジャク

販売価格: 50,000円(税込)

数量:

作品詳細

古代ローマコイン 帝政期 マルクス・アウレリウス ファウスティナ2世 デナリウス銀貨

176年、ローマ発行

オモテ:DIVA FAVSTINA PIA  (神格化された敬虔なファウスティナ)  右向きのファウスティナ2世の肖像

ウラ:CONSECRATIO (神格化)  羽を下ろしたクジャク

サイズ:3,05g 18mm

マルクス・アウレリウスの皇后ファウスティナ2世が40歳で逝去し神格化された時に発行されたデナリウス銀貨。
ウラ面のクジャクはユノ神の聖鳥。
ファウスティナ2世が神となり、ユノ神の元へ入ったことを意味している。

ファウスティナ2世

ファウスティナ2世 ローマ国立博物館
皇后161-176年

マルクス・アウレリウスの皇后。
ファウスティナ2世はアントニヌス・ピウス帝と皇后ファウスティナの娘。
ハドリアヌスの治世期にルキウス・ウェルスと婚約したが、ハドリアヌスの死後、取り決めが変更されマルクス・アウレリウスと結婚。
ファウスティナ2世は176年、マルクス・アウレリウスに随行した東方にて40歳で死去。



マルクス・アウレリウス

マルクス・アウレリウス彫像 ナポリ考古学博物館
在位161-180年
アントニヌス・ピウスより後継者に指名されたマルクス・アウレリウスは、アントニヌス・ピウスの死後、実弟ルキウス・ウェルスを共治帝に指名し、ローマ帝国史上初めて、共同統治を行った。

ルキウス・ウェルス彫像 ローマ国立博物館

しかし、ルキウス・ウェルスの死によって、共同統治は8年しか続かなかった。
先帝アントニヌス・ピウスは、大きな戦争は避けられてきたが、マルクス・アウレリウスの時代は戦乱、疫病が続いた。
マルクス・アウレリウスがゲルマン人との戦争中に書き残した『自省録』は、苦難の中での彼の哲学が綴られている。

ローマ コロンナ広場 マルクス・アウレリウスの記念柱