レピドゥス

マルクス・アエミリウス・レピドゥス
誕生:不明 没:前13/12年
カエサルとポンペイウスの内戦時にカエサルにくみし、前46年にコンスル(執政官)に就任した。
カエサルの死後はカエサルが就いていた、終身職の最高神祇官に就任した。
前43年、アントニウスとオクタウィアヌスと共に三頭政治を行ったが、3人の中では最も勢力が弱かった。
前36年、シチリアで反旗を翻すも失敗。しかし、終身の最高神祇官という地位にいたため、生涯、命を奪われることはなかった。
2