オリンポス12神

オリンポス12神

古代ギリシャ神話では、あらゆるものが生まれる以前にカオス(混沌)があったという。
カオスからガイア(大地)が生まれ、ガイアがその息子ウラノス(天空)と交わったことで、最初の神々である、ティタン神族が誕生した。
さらにティタン神族から生まれたオリンポス12神がティタン神族を倒して世界を支配したとされる。
オリンポス12神はゼウスを頂点にして、その妻ヘラ、兄ポセイドン、姉ヘスティアとデメーテル、さらにゼウスの子供6神、アレス、ヘファイストス、アルテミス、アポロン、ヘルメス、アテネ、さらにウラノスの子であるアフロデイーテにより構成されている。

古代ギリシャコイン、ローマコインの図像においてもオリンポス12神の図像は定番意匠で、数々のコインが残されている。



ゼウスのコイン
ヘラのコイン
ポセイドンのコイン
ヘスティアのコイン
デメーテルのコイン
アレスのコイン
ヘファイストスのコイン
アテナのコイン
ヘルメスのコイン
アポロンのコイン
アルテミスのコイン
アフロデイーテのコイン







122