古代ローマコイン ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー 前45年 アウレウス金貨 スペインでの勝利後に発行された金貨

古代ローマコイン ユリウス・カエサル アウレウス金貨

前45年、ローマ発行

オモテ面:C CAES DIC TER (caius caesar ガイウス・カエサル dictator tertium 3度目の独裁官) 勝利の女神ウィクトリアの肖像 肩に翼

ウラ面:L PLANC PRAEF VRB (L.Munatius Plancus ルキウス・ムナティウス・プランクス Praefecti Urbi 都市を管轄する長官) 神祇のための水差し

カエサルがスペイン、ムンダの戦いでの勝利後に、ローマで発行したアウレウス金貨。
コインオモテ面にはスペインでの勝利を意味する、勝利の女神ヴィクトリーが刻まれている。
C CAES DIC TERの銘は、3度の独裁官、ガイウス・カエサルを意味する。カエサルは前46年に3回目の独裁官に就任した。この時、独裁官の任期は10年とされたが、前44年には終身へと変わった。

ウラ面のL PLANC PRAEF VRBはL.Munatius Plancus ルキウス・ムナティウス・プランクス Praefecti Urbi 都市を管轄する長官を意味する。
ムナティウス・プランクスは前46年にカエサルによって指名された6人のPraefecti Urbi 都市管轄長官の1人であった。
銘と共に刻まれた水差しは神祇の道具で、ムナティウス・プランクスがEpulones(供儀祭司団)の1人であったことを意味すると推測されている。

ムナティウス・プランクスはカエサルに重宝され、カエサルにより、前44年のガリア・トランサルピナの総督、前42年のコンスルに指名されていた人物である。
このカエサルの金貨の発行を任されたことも、カエサルがプランクスを重宝していたことを示唆している。

カエサルの死後、プランクスはガリア・トランサルピナの総督として、ルグドゥヌム(現リヨン)を建設した。
アントニウスとオクタウィアヌスの戦いでは当初、アントニウスを支持したが、結局オクタウィアヌスに付き、その後オクタウィアヌスに重宝された。
前27年、このプランクスの提案によって、オクタウィアヌスはアウグストゥスの称号を得た。前22年にはケンソル(監察官)に就任した。
プランクスの墓はガエータ(ローマから南東80マイルほど)に現存する。
古代ローマコイン ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー 前45年 アウレウス金貨 スペインでの勝利後に発行された金貨