古代ローマコイン 帝政期 ネロと母アグリッピナ 54-59年 ブロンズ貨(属州貨イオニア地方スミルナ) ネロとアグリッピナ、悲劇の親子のコイン

古代ローマコイン 帝政期 ネロと母アグリッピナ 54-59年 ブロンズ貨(属州貨イオニア地方スミルナ) ネロとアグリッピナ、悲劇の親子のコイン
古代ローマコイン 帝政期 ネロ 属州貨(イオニア地方スミルナ発行) ブロンズ貨

54-59年、スミルナ発行

オモテ:NEPΩNA ΣEBAΣTON AΓPΠΠIN AN ΣEBAΣTHN 向い合うネロとアグリッピナの肖像

ウラ:ΓEBAΣΣIOC ΦIΛOΠATPIC CMY 右向きのネメシスの立像

サイズ:4,53g 18mm


イオニア地方スミルナで発行されたネロの銅貨。オモテ面にはネロ(向かって右)、その母アグリッピナ(左)が刻まれている。
アグリッピナはクラウディウス帝を毒殺して54年ネロを帝位につけた。
ネロはこの時16歳、コイン肖像の顔も初々しい。母アグリッピナと仲睦まじく向き合った肖像はこの時期のアグリッピナの権力を象徴している。ネロはこの後、母を殺めることになるとは露にも思っていなかっただろう。


イオニア地方スミルナ位置

<スミルナ>
トルコ西部の港湾都市。エーゲ海から深く湾入するイズミル湾奥に位置する。
地中海世界ではアテネに次いで歴史的に重要な都市で、建設はトロイとほぼ同時代の前3000年にさかのぼる。
前1000年頃にはギリシャの植民都市であったことが知られ、前7世紀に都市国家となったが、前6世紀頃リディアに征服された。
前4世紀にアレクサンダー大王によって再建され、小アジアにおける主要都市となった。
後にローマの属州アシアに編入。

<ネロ>

ローマ、カピトリーニ美術館 両彫像ともネロ。
ローマ皇帝(在位54-68年)。
母、アグリッピナは皇帝クラウディウスに嫁し、ネロをその養子とし、さらにネロと前妃の子オクタウィアと結婚させ、さまざまな栄誉を与えて、クラウディウスの後継者とした。
54年アグリッピナは夫を、55年には前妃の子ブリタニクスを毒殺し、16歳でネロは軍隊に推されて即位。治世初期は哲学者セネカ、近衛長官ブルスの指導により元老院を尊重し、減税、属州防衛に努めた。
しかしやがて乱行により、政治は乱れ、母、妻オクタウィアらを次々と暗殺。
セネカも追放し、解放奴隷チゲリヌス、愛人ポッパエアらが政治を専断。自身も芸術と享楽に耽溺し、64年のローマの大火も彼のさしがねといわれる。大火の責任をキリスト教徒に負わせて彼らを処刑し、ローマ復興のため属州から搾取するなど暴政に傾き、陰謀とそれを弾圧するために処刑が相次ぎ国内に不安が高まった。
67年にはギリシアに旅し、競技を催し自ら優勝したが、その間各地に反乱が起り、ガルバが皇帝を宣し、元老院はネロを死刑と定めた。そのためローマ近郊でのどを切って自殺。奴隷出身のアクテによって葬られた。

<アグリッピナ(小アグリッピナ)>

ナポリ考古学博物館の小アグリッピナのブロンズ像 1世紀 エルコラーノの劇場から出土

ネロの母。クラウディウス帝の妃。ゲルマニクス・カエサルとアグリッピナ(大)の娘。
28年グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスと結婚しネロを産んだ。
39年兄のカリグラ帝に対する陰謀のかどで追放されたが、41年にローマに帰り、49年叔父にあたるクラウディウス帝と結婚。
連れ子のネロを養子にさせ、クラウディウス帝と前妃メッサリナとの娘オクタウィアを結婚させ、ついに54年にクラウディウスを毒殺してネロを帝位につけた。
ネロの治世の初期には権力をふるったが、やがてネロと対立し、ネロの刺客によって殺された。

<ネメシス>
ギリシャ神話の復讐の女神。夜ニュクスの子とされ、度外れたすべての行為に対する神罰を神格化した存在。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ