古代ローマコイン 帝政期 ネロ アス銅貨 65年 ローマに現存するアラ・パキスが刻まれたネロの銅貨

古代ローマコイン 帝政期 ネロ アス銅貨 65年 ローマに現存するアラ・パキスが刻まれたネロの銅貨
古代ローマコイン 帝政期 ネロ アス銅貨 アラ・パキス

65年、ルグドゥヌム(現フランス・リヨン)発行

オモテ面:IMP NERO CAESAR AVG P MAX TR POT P P(Imperator Nero Caesar Avgvstvs Pontifex Maximvs Tribvnicia Potestate Pater Patriae インペラトル・ネロ・カエサル・ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官)・護民官職権・ 国家の父) 左向きのネロの肖像

ウラ:SC(Senatvs Consvlto 元老院の承認を得て) ARA PACIS(アラ・パキス 平和の祭壇) アラ・パキス

サイズ:10,05g 29mm

アウグストゥスの平和の祭壇、アラ・パキスが刻まれたネロのアス銅貨。

<アラ・パキス>


アウグストゥスがシリア・イスパニア・ガリアを平定したのを記念して、前13-9年にティベリウス河畔のカンプス・マルティウスに立てた平和の女神の祭壇。
祭壇は高さ6m、幅11,6m、長さ10,6mの白大理石の壁に囲まれ、その外面を2段に分け、上段は平和祝典の行列、下段はつる草模様の浮彫で飾られている。

現在アラ・パキスはローマのアラ・パキス美術館で見ることができる。

アラ・パキスの北壁には平和祝典の行列の様子が刻まれている。アウグストゥス、その親族などが列をなす。




<ネロ>

ローマ、カピトリーニ美術館 両彫像ともネロ。

コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ