古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス デナリウス銀貨 前19年 誓願の盾とパルティアから奪回した軍旗

古代ローマコイン アウグストゥス デナリウス銀貨

前19年、コロニア・パトリキア(現スペイン南部コルドバ)発行

オモテ: CAESAR AVGVSTVS(カエサル アウグストゥス) 右向きのアウグストゥスの肖像

ウラ:SIGNIS RECEPTIS S-P Q-R(Signis Receptis Senatus Populus Que Roman ローマ市民と元老院の名において奪回した軍旗) 中央に盾(盾にはCL V(Clipeus Virtutis 誓願の盾)の文字) 右側に軍団旗、左側に鷲の軍団旗

サイズ:3,61g 20mm

前19年にコロニア・パトリキア(現スペイン・コルドバ)で発行されたアウグストゥスのデナリウス銀貨。
ウラ面には誓願の盾と2本の軍旗という、アウグストゥスの功績にまつわるシンボルが誇らしげにデザインされている。
中央の円形の盾は、盾の中にCL Vの文字がある。これはClipeus Virtutis、誓願の盾を意味する。
前27年にオクタウィアヌスは元老院からアウグストゥス(尊厳な者)の称号を贈られ、公式名はインペラトル・カエサル・アウグストゥスとなった。この時、アウグストゥスのパラティヌスの丘の家の柱は月桂樹で飾られ、クリア・ユリアには金で出来たClipeus Virtutis、誓願の盾が置かれたという。
スエトニウス『アウグストゥスの業績録』によれば、この時のことをアウグストゥスは「私の勇気、寛容、公正さ、敬虔さを称えて」いたと誇らしげに思い起こしている。



そして盾の両側の軍旗はSignis Receptis Senatus Populus Que Roman(ローマ市民と元老院の名において奪回した軍旗)という銘文から、前19年にアウグストゥスがパルティア王国から取り返したローマの軍旗であることがわかる。
この軍旗というのは前53年のカルラエの戦いや前36年のアントニウスのパルティア遠征時のローマの敗北でパルティアに奪われていた軍旗であった。
前19年頃アウグストゥスは帝国の東方の境界線の国パルティアとの外交にも力を注いだ。
この時パルティアの王位を要求する者が、パルティア王フラアテスの息子を誘拐してローマに亡命していた。
アウグストゥスは全ての奪われたローマの軍旗と戦争捕虜と引き換えに、王の息子をパルティアに送り返す条件を出した。
パルティア王はこの交渉に応じ、軍旗と捕虜をローマに返した。




コロニア・パトリキア位置

<コロニア・パトリキア>
現スペイン南部コルドバ、ローマの植民市。
前206年、第2次ポエニ戦争時、ローマの将軍スキピオ・アフリカヌスがカルタゴ軍をスペインのイリパで撃退し、スペインのカルタゴ植民地はローマに支配された。
コルドバの地の最初のローマ人の入植の時期は定かでないが、もともとは軍の陣営地であったと考えられている。
前169年、マルクス・クラウディウス・マルケルス(プラエトラル 法務官)の時代に植民市が建設され、ローマ人とイベリア人の貴族が共存し、ローマ都市を徐々に造っていき、コロニア・パトリキア・コルドバと呼ばれるようになった。
前46-45年のユリウス・カエサルとポンペイウスの息子の戦いの際には、コロニア・パトリキア・コルドバはポンペイウス派に包囲された。
前27年のアウグストゥスの属州再編成以降、劇場や水道橋が設備され、ローマ都市として発展していった。

<アウグストゥス>

アウグストゥスの彫刻
前63年誕生、後14年死没。
ローマ帝国初代の皇帝(在位前27-後14年)。
本名ガイウス・オクタウィウス。父ガイウス・オクタウィウスは同家で初めて元老院議員になった人物で、母アティアはユリウス・カエサルの妹ユリアの妹。
カエサルは息子がなかったので、オクタウィウスを最も将来性ある若者と見込み、遺言で相続人にしたうえ、養子にした。
カエサルが暗殺された前44年、オクタウィウスはイリュリクムのアポロニアで勉学中であったが、自分がカエサルの相続人兼養子に指名されていることを知り、ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌスと改名。
カエサルの養子という立場を利用して兵を集め、元老院も彼の地位を法的に承認した。
前43年オクタウィアヌスはマルクス・アントニウスとレピドゥスとボノニア(現ボローニャ)で会合して最高権力を共有することに合意。
前43年オクタウィアヌスはアントニウスとレピドゥスと三頭政治を成立させた。
前42年アントニウスとともにマケドニアのフィリッピでブルートゥスとカッシウスを破った。
前40年オクタウィアヌスとアントニウスは会見して協定を結び、アントニウスは東方属州、オクタウィアヌスは西方属州を統治することとなった。
しかし、前36年レピドゥス失脚後は三頭政治は事実上崩壊し、オクタウィアヌスとアントニウスとの対立は不可避となり、
前31年オクタウィアヌスはエジプト女王クレオパトラ7世と組んだアントニウスをアクティウムの海戦で破り、
前30年2人をアレクサンドリアで自殺に追込み、エジプトを併合、地中海世界を平定した。
前27年大権を元老院と国民に返還したが、元老院は彼にアウグストゥス(尊厳な者)という尊号を送り、ヒスパニア、ガリア、シリア、エジプトの統治を10年間委任した。
前23年執政官(コンスル)を辞任したのちも執政官代行として自分の属州を保持、前19年には終身の執政官命令権を与えられた。しかし命令権よりも前23年に与えられた護民官(トリブヌス・プレブス)職権を強調し、道徳的権威によって統治する道を選び、第1の市民プリンケプスであることを望んだ。
また前12年には大神官、前2年には国父と呼ばれた。
内政面では属州を元老院に分割して統治し、税制の改正、公共建造物の造営、神殿の再建、儀式、祭司団の復興をはかった。
また結婚の神聖を回復し、多子家族には公職優先就任権をを与え、奴隷解放を制限して、社会秩序を維持した。
さらに文芸活動を奨励しラテン文学の黄金時代を現出させた。
(ブリタニカ国際大百科事典より)
古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス デナリウス銀貨 前19年 誓願の盾とパルティアから奪回した軍旗