考古額 古代ギリシャコイン シチリア島・ジェラ 前5世紀 銀貨 ジェラ川を神格化した人面牛の銀貨

考古額(考古額は当ギャラリーが芸術性の高い古代コインを厳選し額装した品です)

古代ギリシャコイン シチリア島 ジェラ リトラ銀貨

約前430年―前425年発行

表:槍と盾を持った左向きの騎士

裏:CEΛAΣ(ジェラ) 人面牛

コインのサイズ:0,70g 14mm
額のサイズ:102mm×123mm
額の色:ブルー・シルバー
マット:スカイブルー

シチリア島ジェラ位置

<ジェラ>
シチリア島南岸の古代ギリシャ都市。前690年頃クレタ島とロドス島の植民者たちによって建設された。
前5世紀初め、独裁者ヒポクラテスのもとで繁栄し、彼の死後後継者ゲロンはシラクサに進出した。
しかし前405年カルタゴによって町は略奪され、その後再建されたが、前282年再び破壊された。

<ジェラ川の人面牛>

ジェラにはディズエリ湖を水源とし、地中海に注ぐジェラ川がある。
この人面牛はジェラ川を神格化したジェラス神であると考えられている。
考古額 古代ギリシャコイン シチリア島・ジェラ 前5世紀 銀貨 ジェラ川を神格化した人面牛の銀貨

販売価格: 75,000円(税込)