古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 銅貨(属州貨キリキア・アナザルブス) 238-244年 三美神が刻まれたローマコイン

古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 銅貨 属州貨(キリキア・アナザルブス)

238-244年、キリキア・アナザルブス発行

オモテ:AVT K M ANT GORDIANOC CE 放射光状王冠をつけた右向きのゴルディアヌス3世の肖像

ウラ:ANAZARBOV MHTROP 三美神

サイズ:7,41g 22mm

わずか19歳でこの世を去ったゴルディアヌス3世のウラ面に三美神が刻まれた希少貨。
三美神の意匠は古代ローマの属州貨で使われたため、意匠がはっきりと見て取れるものは非常に希少。
このコインの三美神は今まで見た中で最も綺麗な品と言える。

キリキア・アナザルブス位置

<ゴルディアヌス3世>

右はゴルディアヌス3世彫像 コインの肖像も彫像も共に、額と顎が特徴的な青年。ゴルディアヌス3世はわずか19歳でこの世を去った。

ローマ皇帝(在位238-244年)。ゴルディアヌス1世の孫。1世の死後元老院はマクシムス、バルビヌス両帝を立てたが、ローマの近衛軍、市民の支持を得て、両帝に対抗して13歳で登位を宣言。両帝の死後単独帝となるが、政治は母と義父が後見。
242年義父とともにササン朝ペルシアと戦ったが、義父の病没後、部下に殺害された。

<三美神>
美と優雅の三女神。ローマではグラーティアエ(gratiae)と呼ばれた。
ギリシャ神話のカリテス(Charites)に当たる。
Aglaia(輝き)、Euphrosyne(喜び)、Thalia(開花)の三姉妹。

三美神の意匠は古代ローマの属州貨にのみ使われた。そのため、意匠がはっきりとわかるものは大変希少。このゴルディアヌス3世のコインのウラ面の三美神の美しさは群を抜いている。

三美神の彫刻 オスティア・アンティカ出土 1-2世紀頃

三美神の壁画 ポンペイのデンタトゥス・パンテーラの家より出土 1-50年頃
古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 銅貨(属州貨キリキア・アナザルブス) 238-244年 三美神が刻まれたローマコイン