古代ローマコイン 帝政期 ガレリウス 305-311年 フォリス銅貨 ガレリウス肖像 ゲニウス立像

古代ローマコイン 帝政期 ガレリウス 305-311年 フォリス銅貨 ガレリウス肖像 ゲニウス立像
古代ローマコイン 帝政期 ガレリウス フォリス銅貨またはヌムス銅貨

305-311年、アンティオキア発行

オモテ:IMP C GAL VAL MAXIMIANVS P F AVG (Imperator Caesar Galerius Valerius Maximianus Pius Felix Augustus インペラトル カエサル ガレリウス ウァレリウス マキミアヌス ピウス フェリックス アウグストゥス)
月桂冠を戴いた右向きのガレリウス肖像

ウラ:GENIO IMPERATORIS (インペラトルのゲニウス) ANT
ゲニウス神立像

サイズ:5,41g 23mm

ガレリウス
在位305-311年

293年、ガレリウス、「カエサル」に任命される
305年、ガレリウス、「アウグストゥス」となる、コンスタンティウスと共治帝に
306年、コンスタンティウスが死去し、セウェルス2世とガレリウスが共治
307年、マクセンティウスがセウェルス2世を殺害、コンスタンティヌスが西部皇帝に
310年、マクシミヌス・ダイアが東部皇帝に
311年、ガレリウス病死
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ