古代ローマコイン 帝政期 カリヌス 284年 テトラドラクマ銅貨 カリヌス肖像 エルピス神立像 カルス帝の長男カリヌスのコイン

古代ローマコイン 帝政期 カリヌス 284年 テトラドラクマ銅貨 カリヌス肖像 エルピス神立像 カルス帝の長男カリヌスのコイン
古代ローマコイン 帝政期 カリヌス テトラドラクマ銅貨

284年、エジプト・アレクサンドリア発行

オモテ:A K M A KARINOS SEB (Autokrator Kaisar Markos Aurhlios Karinos Sebastos インペラトル カエサル マルクス アウレリウス カリノス アウグストゥス)
月桂冠を戴いた右向きのカリヌス肖像

ウラ:LB(2年:統治2年目の意)
エルピス(希望の女神)立像

サイズ:8,18g 19mm

カリヌス
在位283-285年

カルス帝の長男
283年、カルス帝存命時に「アウグストゥス」の称号を与えられる
284年、カリヌスがブリタニア遠征で勝利をおさめ、「ブリタニクス・マクシムス」の称号を得る
同年、弟ヌメリアヌス帝が殺される
285年、カリヌス、ディオクレティアヌスに敗北し、戦死
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ