古代ローマコイン 帝政期 カルス 283年 アウレリアヌス銀貨 カルス肖像 パックス神立像

古代ローマコイン 帝政期 カルス 283年 アウレリアヌス銀貨 カルス肖像 パックス神立像
古代ローマコイン 帝政期 カルス アウレリアヌス銀貨

283年、ティキヌム(現イタリア・パヴィーア)発行

オモテ:IMP CARVS P F AVG (Imperator Carus Pius Felix Augustus インペラトル カルス ピウス フェリックス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけた右向きのカルス肖像

ウラ:PAX EXERCITI (軍隊の平和) PXXI
パックス(平和の女神)立像

サイズ:3,90g 22mm

カルス
在位282年〜283年

282年、プロブスが殺された後即位、2人の息子カリヌスとヌメリアヌスを「カエサル」につけ政権をかためる
283年、カルスとヌメリアヌスがドナウ川でサルマタイ人、クアディ人と戦い勝利
283年、カルス、遠征の途、クテシフォン近郊で落雷により死去
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ