古代ローマコイン 帝政期 ポストゥムス 263-265年 アントニニアヌス銀貨 ガリア帝国樹立者、ポストゥムスのコイン

古代ローマコイン 帝政期 ポストゥムス 263-265年 アントニニアヌス銀貨 ガリア帝国樹立者、ポストゥムスのコイン
古代ローマコイン 帝政期 ポストゥムス アントニニアヌス銀貨

263-265年、トリーア発行

オモテ:IMP C POSTVMVS P F AVG (Imperator Caesar Postumus Pius Felix Augustus インペラトル カエサル ポストゥムス ピウス フェリックス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけたポストゥムスの肖像

ウラ:FELICITAS AVG (Felicitas Augusti アウグストゥスのフェリキタス(幸運))
フェリキタス立像

サイズ:3,24g 20mm

ポストゥムス
在位260-269年

ガリエヌスの治世の260年、下ゲルマニア総督であったポストゥムスは反乱を起し、ガリアとゲルマニアの領土を支配し、ガリア帝国を誕生させた。
269年、ラエリアヌスの反乱でポストゥムスは殺されたが、ガリア帝国はその後5年間生き延びた。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ