古代ローマコイン 帝政期 ウォルシアヌス アントニニアヌス銀貨 251-253年 トレボニアヌス・ガルスの息子、ウォルシアヌスのコイン

古代ローマコイン 帝政期 ウォルシアヌス アントニニアヌス銀貨 251-253年 トレボニアヌス・ガルスの息子、ウォルシアヌスのコイン
古代ローマコイン 帝政期 ウォルシアヌス アントニニアヌス銀貨

251-253年、ローマ発行

オモテ: IMP CAE C VIB VOLVSIANO AVG (Imperatori Caesari Caio Vibio Volusiano Augusto インペラトル カエサル ガイウス ウィビウス ウォルシアヌス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけた右向きのウォルシアヌスの肖像

ウラ:PAX AVGG (Pax Augustorum アウグストゥスたちの平和)
オリーブの枝を持ったパックス神立像

サイズ:3,25g 21mm

ウォルシアヌス

トレボニアヌス・ガルスの息子。
251年、デキウス帝とその長男ヘレニウス・エトルスクス帝がゴート族に殺されると、ローマ軍はモエシア総督であったトレボニアヌス・ガルスを皇帝に推戴した。
トレボニアヌス・ガルスは前帝デキウスの次男ホスティリアヌスを「アウグストゥス」に推戴させ、共治帝とした。
実の息子ウォルシアヌスには「カエサル」(副帝)の称号を与えた。
同年、ホスティリアヌスは病死、すぐに実の息子ウァルシアヌスの「アウグストゥス」の称号を与えた。
252年、ローマの重要な都市アンティオキアがペルシア人によって陥落。
253年、モエシア総督アエミリウス・アエミリアヌスが、ゲルマン人征伐に成功し、軍団によって「アウグストゥス」に推戴された。これを制するため、トレボニアヌス・ガルスとウォルシアヌスは進軍するもインテラムナ(ローマから北75km)で兵士に殺された。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ