古代ギリシャコイン ミュシア地方 キュジコス 前530-前450年 ヘクテ金貨 キュジコスのシンボル、マグロを持つ青年

古代ギリシャコイン ミュシア地方 キュジコス 前530-前450年 ヘクテ金貨 キュジコスのシンボル、マグロを持つ青年
古代ギリシャコイン ミュシア地方 キュジコス ヘクテ金貨(6分の1スタテル金貨)

前530-前450年発行

オモテ:マグロを持つ青年

ウラ:打ち込み

サイズ:2,57g 10mm

<キュジコス>
ミュシア地方、マルマラ海南沿岸の都市。現トルコのバリキサル。
前756年頃、ミレトス人により建設された。
地理的好条件から都市は栄え、前6世紀頃から大量のエレクトロン金貨を発行し、これらのコインはキュジケネスと呼ばれた。
キュジコスのコインの多くはマグロが刻まれているのが特徴である。

キュジコスのイノシシとマグロの銀貨
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





写真撮影者:中村めぐみ