古代ケルトコイン ガリア・カルヌーテス族(フランス都市シャルトル語源) スタテル金貨 前2-前1世紀 古代ケルト芸術

古代ケルトコイン ガリア・カルヌーテス族(フランス都市シャルトル語源) スタテル金貨 前2-前1世紀 古代ケルト芸術
古代ケルトコイン ガリア・カルヌーテス族 スタテル金貨

前2-前1世紀発行

オモテ:右向きの肖像

ウラ:2頭立て戦車を操る御者 馬の下にはリラのようなシンボル

サイズ:7,07g 20mm



右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より


右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より


(カルヌーテス族)
ガリア・ケルタエ、現フランス、ボース地方に居住していたケルト人。
都市シャルトル(Chartres)の語源はカルヌーテス族(Carnutes)に由来する。
ガリア人の中で最も有力な部族で、カルヌーテス族の領土でドルイドの会合が毎年開かれたことをカエサルが伝えている。


<カエサル『ガリア戦記』中のカルヌーテス族に関する記述>
(前57年:2巻)
・カエサルはウェネティー族などのガリア・アルモリカの部族を制圧した後、軍団の1部をカルヌーテス族の領土にも冬営させ自身はイタリアに戻り、ローマで15日間の感謝祭を開いた。

(前54年:5巻)
・カエサルが王位を与えていたカルヌーテス族のタスゲティウスが部族内の反乱ににより殺されたため、カエサルはカルヌーテス族にルキウス・プランクスを派遣して軍を冬営させた。

(前53年:6巻)
・春の初めにカエサルはパリシー族のルテキア(現パリ)で開いた後、アッコを指導者として陰謀を企んでいたセノーネス族の領土に進軍した。これにより、セノーネス族はカエサルに使節と人質を送った。セノーネスと共謀していたカルヌーテス族も使節と人質をルテキアに送った。
・毎年、ガリアの僧侶(ドルイド)はカルヌーテス族の領土の神聖な場所に集まり会合を開いた。
・カエサルは年末にレミー族のドゥロコルトルムで会議を開き、カルヌーテス族と共謀していたセノーネス族の指導者アッコを陰謀の罪で有罪にし処刑した。

(前52年:7巻)
・カルヌーテス族のグトルアトゥスとコンコンネトドゥムヌスは都市ケナブム(現オルレアン)に商売のためにきていたローマ人を殺害し、財産を奪った。この中にはカエサルの命で穀物調達にあたっていた騎士ガイウス・フフィウス・キタも含まれていた。
この反乱勃発の知らせはすぐにアルウェルニー族にも届き、これに鼓舞されウェルキンゲトリクスは武器を取った。
・カエサルはガリアの謀反に備え、カルヌーテス族の都市ケナブムを襲撃し焼き払い獲物を兵士に与えた。
・ウェルキンゲトリクスのアレシアの戦いにカルヌーテス族は12000人の兵を送った。

(前51-前50年:8巻)
・裁判のためビブラクテにとどまっていたカエサルはカルヌーテス族がビトゥリゲース族を攻撃したことを知らされたため、穀物調達のためアラル河に駐屯させていた2個軍団率いてカルヌーテス族の領土に向かった。
カエサルはケナブム(現オルレアン)に陣を置き、ローマ軍はカルヌーテス族から略奪し大量の戦利品を手にした。
・カエサルはベルガエ人の反乱を抑えた後、財務官アントニウス(後の第2回三頭政治、クレオパトラと連合したアントニウス)をベロウァキー族の領土に送って、自身はカルヌーテス族の領土に向かった。
カエサルは、身を潜めていた前52年の反乱の先導者となったグトルアトゥスを見つけ出し、ローマ陣営に連れて行き処刑した。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ