古代ケルトコイン ガリア・セークァニー族(現フランス都市ブザンソンに居住) 前70-前25年 キナリウス銀貨 ローマのデナリウス銀貨に影響を受け発行された銀貨 古代ケルト芸術

古代ケルトコイン ガリア・セークァニー族(現フランス都市ブザンソンに居住) 前70-前25年 キナリウス銀貨 ローマのデナリウス銀貨に影響を受け発行された銀貨 古代ケルト芸術
古代ケルトコイン ガリア・セークァニー族 キナリウス銀貨

前70-前25年発行

オモテ:Q DOC ヘルメットを被った左向きの肖像

ウラ:Q DOC S A M F 左向きの駆ける馬

サイズ:1,96g 13.5mm


ローマのデナリウス銀貨の影響を受けてセークァニー族が発行した銀貨。



右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より


右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より

(セークァニー族)
ガリア・ケルタエ、現フランス、フランシュ=コンテ地域、ブザンソンに居住していたケルト人。
現ブザンソンはセークァニー族の都市ウェソンティオが起源である。
カエサルがガリア戦争を始める以前は、セークァニー族はガリアで強い勢力を持っていたが、ゲルマン人の台頭によってセークァニー族の力は弱まっていったとカエサルは伝えている。



<カエサル『ガリア戦記』中のセークァニー族に関する記述>
(前58年:1巻)
・ヘルウェティ―族の富豪オルゲトリクスは、王になりたいゆえ陰謀を企て、自分たちの領土から出て全ガリア人を先導しようとして移動を試みた。この時、オルゲトリクスは隣に居住していたセークァニー族のカタマンタロエディスの子カスティクスにローマから王権を取り返すよう説得した。セークアニー族のカタマンタロエディスはローマの元老院からローマの友と呼ばれていた人物であった。
・ヘルウェティー族はセークアニー族の領土を通り抜けるために、セークアニー族のと懇意にしていたハエドゥイー族のドゥムノリクスに口利きでセークアニー族の領土を通過する許可を得て、セークアニー族の領土を通過した。
・カエサルがヘルウェティー族を制圧したのち、カエサルのもとにガリアの首領が集まり会議が開かれ、セークアニー族がゲルマン人アリオウィストスの支配に悩まされていることが報告された。
カエサルはローマのガリアの領土(ガリア・トランサルピナ)とロダヌス河(現ローヌ河)を境にして隣り合うセークアニー族の領土がゲルマン人の脅威にさらされることは、ローマにとっても危機であったため、アリオウィストスを撃退に乗り出した。
・アリオウィストスがセークアニー族の町ウェソンティオを占領しようとしたため、カエサルは強行軍でウェソンティオに向い軍を置き、アリオウィストスと戦った。
・カエサルはアリオウィストスをに勝利し、ゲルマン人を敗走させた後、セークアニー族の領土に軍を敷いて、副将のラビエヌスを指揮官として軍を冬営させた。

(前53年:6巻)
カエサルがガリアに入った時、ガリアではハエドゥィー族とセークアニー族が有力であったが、1巻で述べられたようにセークアニー族はゲルマン人アリオウィストスの侵入に悩まされ、ガリアでの指導力を失い、ベルガエのレミー族が親ローマとなり、セークアニー族をしのぐ力を持つようになっていった。

(前52年:7巻)
アルウェルニー族のウェルキンゲトリクスのアレシアの戦いの時、セークァニー族はウェルキンゲトリクスの元に12000人の兵を送った。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ