古代ケルトコイン ガリア・コリオソリテース族 (現フランス都市コルスル語源) 前80-前50年 スタテル銀貨 アーモンド形の目の肖像 鳥の顔のような馬 古代ケルト美術

古代ケルトコイン ガリア・コリオソリテース族 (現フランス都市コルスル語源) 前80-前50年 スタテル銀貨 アーモンド形の目の肖像 鳥の顔のような馬 古代ケルト美術
古代ケルトコイン ガリア・コリオソリテース族 スタテル銀貨

前80-前50年発行

オモテ:右向きの肖像

ウラ:鳥のような顔の馬

サイズ:8,21g 20mm


右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より


右のデッサンはラ・トゥール著『ガリアコイン図表』(1892年)より


(コリオソリテース族)
ガリア・アルモリカ、現フランス・ブリュターニュ地方、コート=ダルモール県、イル=エ=ヴィレーヌ県に居住していたケルト人。
コート=ダルモール県の都市コルスル(Corseul)の名はコリオソリテース族(Coriosolites)に由来する。

<カエサル『ガリア戦記』のコリオソリテース族に関する記述>
(前57-前56年:3巻)
・アンデ―ス族の領土に冬営中のプブリウス・クラッススは、穀物調達のためにマルクス・トレビウス・ガルスをコリオソリテース族のもとへ派遣した。
この時、同じアルモリカのウェネティー族に派遣されたクイントゥス・ウェラニウスとティトゥス・シリウスはウェネティー族によって人質に取られたことにより、ウェネティー族との戦争が勃発した。
・カエサルはウェネティー族との戦いに備え、コリオソリテース族がウェネティー族と合流しないよう、副将クイントゥス・ティトゥリウス・サビヌスをコリオソリテース族に派遣した。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ