古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス 前15-前13年 デナリウス銀貨 アウグストゥス肖像 アクティウムのアポロン アクティウムの海戦勝利を記念したコイン

古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス 前15-前13年 デナリウス銀貨 アウグストゥス肖像 アクティウムのアポロン アクティウムの海戦勝利を記念したコイン
古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス デナリウス銀貨

前15-前13年、ルグドゥヌム(現リヨン)発行

オモテ:AVGVSTVS DIVI F(Augvstvs Divi Filivs アウグストゥス、神(ユリウス・カエサル)の息子) 右向きのアウグストゥス

ウラ:IMP X ACT (Imperator decimvm Activm 10回目のインペラトル アクティウム) 
アポロ・アクティアクス(アクティウムのアポロン)の立像 右手にはプレクトラム(ばち)、左手にはキタラ(竪琴)を持っている

サイズ:3,57g 18mm

アウグストゥスのガリア滞在中に、ルグドゥヌム(現リヨン)で発行されたデナリウス銀貨。

オモテ面には神の息子アウグストゥスの銘と美しいアウグストゥスの肖像が表されている。
ウラ面にはアクティウムの海戦勝利を意味する、アクティウムのアポロンが表されている。

<アクティウムのアポロン、アポロ・アクティアクス>
アクティウムの海戦が行われたアクティウム(ギリシャ北西部アルタ湾(現在のAmvrakikos湾)口の岬)にはアポロンの聖域があり、アポロン神殿にはアポロン像が祀られていた。
コインに刻まれたアポロン・アクティアクスは演奏家の衣装に身を包み、左手に大きなキタラ、右手にはプレクトラムを持っている。
キタラは古代ギリシャの竪琴でバチを使って演奏した。
アポロンは音楽を司る神であったため、竪琴を携えた姿で表されることも多い。

キタラを持ったアポロンの座像 2世紀頃 ナポリ考古学博物館


アクティウムの海戦でエジプトを征服した後、前30年にイタリアに帰還したオクタウィアヌスはローマ・パラティヌスの丘に自らの権威を象徴する建物群の建設に着手した。
その1つがアポロン神殿で、前28年に神殿が完成している。
神殿にはギリシャ、アッティカ地方のラムヌスから運ばれたスコパス(前4世紀のパロス島出身の著名な彫刻家)のアポロン像が祀られていたという。
このコインに刻まれたアポロンはパラティヌスの丘のアポロン神殿に祀られていたスコパスのアポロンをモデルにしているという見方もされる


また、オクタウィアヌス(アウグストゥス)はアクティウムでの勝利後、アクティウムでアポロンに捧げる競技会を開いたという。
その後、前28年頃、オクタウィアヌスはアクティウムの海戦の勝利を記念して、アクティウムの湾を挟んで反対側にニコポリス・アクティアという名の都市を建設した。
アポロンの競技会もこのニコポリス・アクティアの地に移された。


※カシウス・ディオ(2世紀の歴史家)は、オクタウィアヌスは母アティアが神殿で寝ている間に蛇(アポロンの化身)と交わって生まれた子、つまりアポロンの息子であると言う記述を残している。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ