古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス デナリウス銀貨 前19年 アウグストゥス肖像 市民冠 ローマ市民救済者アウグストゥスのコイン

古代ローマコイン アウグストゥス デナリウス銀貨

前19年、コロニア・パトリキア(現スペイン南部コルドバ)発行

オモテ: CAESAR AVGVSTVS(カエサル アウグストゥス) 右向きのアウグストゥスの肖像

ウラ:OB CIVIS SERVATOS(救われた市民たちのために)
オークの葉のリース(corona civica 市民冠)

サイズ:3,68g 19mm

前19年にコロニア・パトリキア(現スペイン・コルドバ)で発行されたアウグストゥスのデナリウス銀貨。

アウグストゥスは前27年、アウグストゥスの称号を得た後、ヒスパニアのカンタブリ人制圧のために、アグリッパと共にヒスパニアへ遠征へ。
幾度の戦いを経て、前19年、カンタブリ人を制圧に成功。

ウラ面にはオークの葉でできたcorona civica(市民冠)、OB CIVIS SERVATOS(救われた市民のために)が刻まれている。
corona civica(市民冠)はもともとは古代ローマで戦闘中、味方の命を救った兵士に与えられたオークの葉で出来た冠。
前27年にオクタウィアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳な者)の称号を贈られた時に、corona civica市民冠も贈られた。
OB CIVIS SERVATOS(救われた市民のために)の銘は、アウグストゥスが内戦を終わらせローマ市民の生命を救ったことを意味する。

コロニア・パトリキア位置

<コロニア・パトリキア>
現スペイン南部コルドバ、ローマの植民市。
前206年、第2次ポエニ戦争時、ローマの将軍スキピオ・アフリカヌスがカルタゴ軍をスペインのイリパで撃退し、スペインのカルタゴ植民地はローマに支配された。
前169年、マルクス・クラウディウス・マルケルス(プラエトラル 法務官)の時代に植民市が建設された。
前46-45年、カエサルとポンペイウス派の戦いの時には、ポンペイウス派の本営地となった。
アウグストゥスの時代にはさらにローマ都市化が進んだ。
哲学者セネカはコルドバ出身
古代ローマコイン 帝政期 アウグストゥス デナリウス銀貨 前19年 アウグストゥス肖像 市民冠 ローマ市民救済者アウグストゥスのコイン

販売価格: 150,000円(税込)

在庫有り
数量: