古代ローマコイン 共和政終焉期 前45年 ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー ドゥポンディウス銅貨 勝利の女神ニケ肖像 ミネルウァ立像 ムンダの戦い勝利のコイン

古代ローマコイン 共和政期 ユリウス・カエサル ドゥポンディウス銅貨

前45年、ローマ発行

オモテ:CAESAR DIC TER (Caesar Dictator tertium カエサル ディクタトル(独裁官) 3回目)
右向きの有翼のニケ肖像

ウラ:C CLOVI PRAEF (Caius Clovius Præfectus カイウス・クロウィウス プラエフェクトゥス(長官))
ミネルウァ立像 右手に槍、左手に盾 足元に蛇

サイズ:15,56g 27mm

貨幣発行人:ユリウス・カエサル(独裁官) カイウス・クロウィウス(長官)

ムンダの戦いでの勝利後にローマでカエサルが発行したドゥポンディウス銅貨。
ローマでの銅貨の発行は、この時期には異例であった。
ローマにおけるていき定期的な銅貨の発行はスッラの時代に中止され、再びローマで銅貨の定期的な発行が始まるのはアウグストゥスの時代になってからである。

オモテ面の勝利の女神ニケ、そしてウラ面の盾と槍まで持った完全武装したミネルウァは、ムンダの戦いでの勝利を意味していると推測されている。
ウラ面に刻まれたプラエフェクトゥス(長官)のカイウス・クロウィウスは、カエサルがスペイン遠征に立つ前に任命した6人のPreafecti Urbi(都市管轄長官)の内の1人と推測されている。
さらにこの人物は前44年のガリア・キサルピナに赴任し、アウグストゥスの時代にも存命していたことがわかっている。


カエサルのコインについて詳しくは下をクリックして古代コイン芸術をご覧ください。

古代ローマコイン 共和政終焉期 前45年 ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー ドゥポンディウス銅貨 勝利の女神ニケ肖像 ミネルウァ立像 ムンダの戦い勝利のコイン
在庫×