古代ローマコイン 共和政終焉期 ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー デナリウス銀貨 前48年 クレメンティア神肖像 ガリア戦勝記念柱 ファルサルスの戦い後のコイン

古代ローマコイン 共和政終焉期 ユリウス・カエサル ジュリアス・シーザー デナリウス銀貨 前48年 クレメンティア神肖像 ガリア戦勝記念柱 ファルサルスの戦い後のコイン
古代ローマコイン ユリウス・カエサル デナリウス銀貨

前48年、ギリシャ発行

オモテ:LII(52を表す、Lはローマ数字で50を表す) 右向きのオークのリースをつけたクレメンティア神(寛容の女神)

ウラ:CAESAR (カエサル)
ガリア戦争での勝利を示す戦争記念柱(鎧、盾、兜、carnyx ガリアのたて笛、斧)

サイズ:3,90g 16mm

貨幣発行人:ユリウス・カエサル

前48年のファルサルスの戦い(前48年6月6日、ギリシアの北に接するテッサリアの町ファルサルスで行われたポンペイウスとの戦い)の直後にギリシャで発行されたデナリウス銀貨。
オモテ面のクレメンティア神の肖像の後ろにはLIIが刻まれている。Lはローマ数字で50であることからLIIは52という数字を表していると推測されている。
前48年はカエサル年齢が52歳(カエサルの誕生日は7月13日)であったため、この数字はカエサルの年齢ではないかと推測されている。
クレメンティアは寛容の女神。
前44年に元老院はユリウス・カエサルと彼の寛容さ(clementia)を称える神殿を建て、中にはカエサルとクレメンティア神が手を取り合った彫像が置かれていたというが、神殿が実際にどの場所にあったかはわかっていない。




カエサルのコインについて詳しくは下をクリックして古代コイン芸術展をご覧ください。


コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ