古代ローマコイン 共和政終焉期 前42年 レピドゥスとオクタウィアヌス デナリウス銀貨 レピドゥス肖像 オクタウィアヌス肖像 第2回三頭政治のコイン

古代ローマコイン 共和政終焉期 前42年 レピドゥスとオクタウィアヌス デナリウス銀貨 レピドゥス肖像 オクタウィアヌス肖像 第2回三頭政治のコイン
古代ローマコイン 共和政期 レピドゥス オクタウィアヌス デナリウス銀貨

前42年、イタリア発行

オモテ:LEPIDVS PONT MAX III V R P C (lepidus Pontifex Maximus Triumviri Rei Publicae Constituandae レピドゥス ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官) 共和政再建のための3人委員)
レピドゥス肖像

ウラ:CAESAR IMP III VIR  R P C (Caesar Imperator Triumviri Rei Publicae Constituandae カエサル インペラトル 共和政再建のための3人委員)
オクタウィアヌス肖像

サイズ:3,86g 17mm

貨幣発行人:レピドゥス、オクタウィアヌス

前43年に始まった、アントニウス、オクタウィアヌス、レピドゥスによる第2回三頭政治期のコイン。
オモテ面にはレピドゥスの肖像と日本語では三頭政治と呼ばれているTriumviri Rei Publicae Constituandae 共和政再建3人委員の銘が刻まれている。さらにポンティフェクス・マキシムスの銘も刻まれている。
レピドゥスはカエサルの死後、カエサルの後任としてポンティフェクス・マキシムスに、カエサルに就任した。

ウラ面にはオクタウィアヌスの肖像と、オモテ面同様に、3人委員の銘が刻まれている。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ