古代ローマコイン 共和政終焉期 マルクス・アントニウス 前43年 デナリウス銀貨 アントニウス肖像 カエサル肖像 第2回三頭政治期のコイン

古代ローマコイン 共和政終焉期 マルクス・アントニウス 前43年 デナリウス銀貨 アントニウス肖像 カエサル肖像 第2回三頭政治期のコイン
古代ローマコイン 共和政期 マルクス・アントニウス デナリウス銀貨

前43年ガリア・キサルピナ発行

オモテ:M ANTON IMP (Marcus Antonius Imperator マルクス・アントニウス インペラトル)
右向きのマルクス・アントニウスの肖像 肖像の後ろにリトゥウス(卜占官の杖) 

ウラ:CAESAR DIC (Caesar Dictator カエサル ディクタトル)
右向きのユリウス・カエサルの肖像 水さし

サイズ:3,89g 18mm

貨幣発行人:インペラトル(最高司令官)、マルクス・アントニウス

カエサルの死後、アントニウスが前43にガリア・キサルピナで発行したデナリウス銀貨。
前43年11月オクタウィアヌス、アントニウス、レピドゥスによる会談により第二回三頭政治が成立。
彼らは国家再建三人委員会を開設し、カエサル暗殺者逮捕を名目に、元老院派の排除に乗り出した。作成された名簿に基づいて元老院派と目された元老院議員約300人、騎士身分約2,000人が殺害、財産が没収されたといわれる。この時キケロも殺害された。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ