古代ローマコイン 共和政期  前82年 ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス デナリウス銀貨 アポロン神 フォロ・ロマーノのマルシュアース スラ独裁官就任の年のコイン

古代ローマコイン 共和政期  前82年 ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス デナリウス銀貨 アポロン神 フォロ・ロマーノのマルシュアース スラ独裁官就任の年のコイン
古代ローマコイン 共和政期  ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス デナリウス銀貨

前82年、ローマ発行

オモテ:右向きのアポロン肖像

ウラ:L CENSOR (Lucius Censorinus ルキウス ケンソリヌス)
ワイン袋を持ったマルシュアース その後ろには柱、柱の上にはミネルウァ?。

サイズ:4,22g 17mm


貨幣発行人:ルキウス・マルキウス・ケンソリヌス


オモテ面にアポロン、ウラ面にはアポロンに楽器の対決を挑んだマルシュアースがワインに酔う姿が表されている。
ウラ面のマルシュアースは、フォロ・ロマーノに立っていたマルシュアースの像をモデルにしていると推測されている。
フォロ・ロマーノのマルシュアース像にならって、いくつかの属州都市のフォロにも、ローマ市民権獲得の象徴としてマルシュアースの像が置かれたという。しかしなぜマルシュアースの像がこの象徴に選ばれたのかはわかっていない。

このコインが発行された前82年、スラが独裁官に就任し、ローマはスラの恐怖政治下にあった。
このコインの発行者ルキウス・マルキウス・ケンソリヌスは、元々、イタリア諸市にローマ市民権を与えたマリウスの支持者であった。
マリウスのローマ市民権付与の功績を、コイン図像で訴え、スラを暗に批判する意図があったのかもしれない。


マルシュアースはサテュロスの一人。アテナ神が発明した楽器アウロスの名手。
マルシュアースはアポロンに音楽の技比べを挑んだため、アポロンの逆鱗に触れ、皮を剥がれてしまった。

拷問を受けるマルシュアース像 前200年頃のギリシャ彫像のローマ帝政期初期の模作 ローマ国立博物館

ワイン袋を持つサテュロスが描かれた赤像式アンフォラ 前5世紀 パレルモ考古学博物館

サテュロス部分拡大
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ