古代ローマコイン 共和政期 前234-前231年 銅貨 ローマ神肖像 犬とROMAの銘 ローマ人初期の打刻銅貨

古代ローマコイン 共和政期 前234-前231年 銅貨 ローマ神肖像 犬とROMAの銘 ローマ人初期の打刻銅貨
古代ローマコイン 共和政期 半リトラ銅貨(または4分の1リトラ銅貨)

前234-前231年、ローマ発行

オモテ:フリギア式兜の右向きのローマ神肖像

ウラ ROMA(ローマ) 右向きの犬

サイズ:1,58g 13mm

ローマで発行された打刻の銅貨。
ローマで銀の打刻貨が最初に発行されたのは前269年以降とされており、銅の打刻貨もこれ以降と推定されている。

リトラはシチリア島の貨幣単位。
最初のローマの打刻コインはギリシャコインの単位で発行されたため、このコインはリトラを基準にしていると推測されているが、重さにばらつきがあるため、断定はできない。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ