古代ローマコイン 共和政期 ルキウス・カエシウス 前112-前111年 デナリウス銀貨 見返りアポロン 犬を愛でるラレス(家の守護神たち)

古代ローマコイン 共和政期 ルキウス・カエシウス デナリウス銀貨

前112-前111年、ローマ発行

オモテ:見返るアポロンの肖像 右手には雷霆 右側のROMAを表すモノグラム

ウラ:L CAESI (Lucius Caesius ルキウス・カエシウス)
岩に座るラレス(家の守護神たち) それぞれが笏を持っている 中央には犬 ラレスの両側にはLA REを表すモノグラム
LA RE (Lares Praestites ラレス 守護者たち) ラレスの間にはウルカヌス神の顔とやっとこ


サイズ:3,91g 19mm


コインオモテ面のアポロンは見返り姿で表されており、美しい背中が強調されている。



同じくこの年にはヘラクレスの見返り姿のコインも発行されている。

前112-前111年発行、見返りヘラクレス


ラレス(Lares)
家や道路の守護神ラールの複数形。たいていコイン図像のように対で表されるからラレスと呼ばれる。
若者の姿で表される。


このコインが発行された前112年、北アフリカのヌミディア王ユグルタとのユグルタ戦争が勃発した。
前112年、ユグルタはいとこが支配していたヌミディア東部の首都キルタにいたローマ商人を虐殺したことから、ローマと戦争になった。
ユグルタ戦争は前105年、マリウスによって終結した。
古代ローマコイン 共和政期 ルキウス・カエシウス 前112-前111年 デナリウス銀貨 見返りアポロン 犬を愛でるラレス(家の守護神たち)

販売価格: 130,000円(税込)

在庫有り
数量: