古代ローマコイン 共和政期終焉、帝政期前夜 前30-前29年 オクタウィアヌス デナリウス銀貨 オクタウィアヌス肖像 クリア・ユリアの外観図 クリア・ユリア(元老院議事堂)落成のコイン

古代ローマコイン 共和政期終焉、帝政期前夜 前30-前29年 オクタウィアヌス デナリウス銀貨 オクタウィアヌス肖像 クリア・ユリアの外観図 クリア・ユリア(元老院議事堂)落成のコイン
古代ローマコイン 共和政期終焉、帝政期前夜 オクタウィアヌス デナリウス銀貨 

前30-前29年、イタリアまたはローマ発行

オモテ:右向きのオクタウィアヌス肖像

ウラ:IMP CAESAR (Imperator Caesar インペラトル カエサル) (建物のアーキトレーブ部分)
クリア・ユリア(元老院議事堂) 屋根の中央には勝利の女神ウィクトリア彫像 ウィクトリアの両端には槍とパラゾニウム(剣)?を持った彫像

サイズ:3,66g 21mm

貨幣発行人:オクタウィアヌス

前31年、アクティウムの海戦でアントニウス、クレオパトラに勝利したオクタウィアヌスは前29年イタリアに帰還し、3度の大凱旋式を挙げた。
凱旋式の2週間の8月28日、オクタウィアヌスはカエサルの死によって建築が中断されていたクリア・ユリアを完成させた。
このオクタウィアヌスのデナリウス銀貨にはクリア・ユリア落成を記念してクリア・ユリアの外観が表されている。

クリアとは元老院会議が行われる元老院議事堂で、S.P.Q.R(Senatus Populusque Romanus 元老院とローマ市民)を政治指針とする、ローマ人を象徴する建物であった。

現在もローマ、フォロ・ロマーノにクリアが残されているが、3世紀末の火災の後に再建されたものである。

ローマ、フォロ・ロマーノのクリア


クリア・ユリアの青銅の扉は現在はローマ、ラテラノ聖堂の扉として使われている。

クリア・ユリアの青銅の扉、ローマ・ラテラノ聖堂
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ