古代ローマコイン 帝政期 ホスティリアヌス 251年 アントニニアヌス銀貨 ホスティリアヌス肖像 デキウス帝の次男 トレボニアヌス・ガルスの共治帝

古代ローマコイン 帝政期 ホスティリアヌス 251年 アントニニアヌス銀貨 ホスティリアヌス肖像 デキウス帝の次男 トレボニアヌス・ガルスの共治帝
古代ローマコイン 帝政期 ホスティリアヌス アントニニアヌス銀貨

251年、ローマ発行

オモテ:C VALENS HOSTIL MES QVINTVS N C (Caius Valens Hostilianus Messius Quintus Nobilissimus Caesar
カイウス ウァレンス ホスティリアヌス メッシウス クイントゥス ノビリッシムス(偉大な) カエサル)
放射光状王冠をつけた右向きのホスティリアヌスの肖像

ウラ:MARTI PROPVGNATORI (守護者マルス)
軍神マルスの立像 右手に槍、左手に丸い盾

サイズ:3,27g 22mm

ホスティリアヌス
在位251年

デキムス帝の次男。
250年にカエサル(副帝)の称号を得た。
251年、父デキムスと兄ヘレニウス・エトルスクスがゴート人征伐で戦死した後、ローマ軍はモエシア総督であったトレボニアヌス・ガルスを皇帝に推戴した。
同年、ローマに残っていたデキムス帝の次男ホスティリアヌスは「アウグストゥス」の称号を与えられ、トレボニアヌス・ガルスの共治帝となるも、すぐに病死した。

父デキウスのコイン


兄ヘレニウス・エトルスクスのコイン


コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ