古代ローマコイン 帝政期 フィリップ2世 248年 アントニニアヌス銀貨  フィリップ2世肖像 フィリップス・アラブスの息子フィリップ2世のコイン

古代ローマコイン 帝政期 フィリップ2世 248年 アントニニアヌス銀貨  フィリップ2世肖像 フィリップス・アラブスの息子フィリップ2世のコイン
古代ローマコイン 帝政期 フィリップ2世 アントニニアヌス銀貨

248年、ローマ発行

オモテ: IMP PHILIPPVS AVG  (Imperator Philippus Augustus インペラトル フィリップス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけた右向きのフィリップ2世の肖像

ウラ:VIRTVS AVGG (Virtus Augustorum アウグストゥスたちのウィルトゥス(勇武))
トロフィーと槍を持って歩く裸のマルス神

サイズ:5,81g 21mm

フィリップ2世
在位247-249年
フィリップス・アラブス帝と妻オタキラ・セウェラの1人息子。
244年、ゴルディアヌス3世の帝位を奪って皇帝に即位したフィリップス・アラブスは、247年に4歳か5歳の息子フィリップス2世にアウグストゥスの称号を与え共治帝とした。
249年、モエシア総督デキウスが皇帝に推戴され、父フィリップス・アラブスが戦死した後、ローマに居たフィリップ2世は親衛隊に殺害された。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ