古代ローマコイン 帝政期 フィリップス・アラブス フィリップ2世 属州貨(トラキア・メセンブリア) 5アッサリオン銅貨 244-246年 向かい合うフィリップ2世とセラピス神肖像 テュケ―神立像

古代ローマコイン 帝政期 フィリップス・アラブス フィリップ2世 属州貨(トラキア・メセンブリア) 5アッサリオン銅貨 244-246年 向かい合うフィリップ2世とセラピス神肖像 テュケ―神立像
古代ローマコイン 帝政期  フィリップス・アラブス フィリップス2世  属州貨(トラキア・メセンブリア) 5アッサリオン銅貨(5アス銅貨)

244-246年、メセンブリア発行

オモテ:MAP IOVΛIOC ΦIΛIΠΠOC KAICAP (Markos Ioulios Filippos Kaisaros マルクス ユリウス フィリッポス カエサル)
向かいあうフィリップ2世とモディウス(穀物をいれる容器)を頭にのせたセラピス神

ウラ:MECAMBPIANΩN (メセンブリアの)
豊穣の角と舵を持つテュケー

サイズ:12,29g 27mm

フィリップス2世が「カエサル」の称号を保持していた時期にメセンブリアで発行された銅貨。
オモテ面はフィリップス2世とセラピス神の向いあった肖像が表されている。
フィリップス・アラブス帝は幼い息子フィリップス2世が、神と同格であることを主張し、権威を高めようとしたことがうかがえる。
247年、フィリップス・アラブスは息子フィリップ2世を「アウグストゥス」に即位させ共治帝とした。


フィリップス・アラブス
在位244-249年
アラビアのフィリッポポリス出身。フィリップス・アラブスのアラブスは出生地アラビアに由来する。
ゴルディアヌス3世の親衛隊長に登りつめたフィリップス・アラブスは、244年、ゴルディアヌス3世の帝位を奪って皇帝に即位した。
即位後すぐに、ローマを立ちドナウ川国境でゲルマン人征伐にあけくれた。
247年、4歳か5歳の息子、フィリップ2世にアウグストゥスの称号を与え共治帝とした。
248年、ローマ建国千年祭を開催した。
249年、ドナウ川国境に派遣されていたモエシア総督デキウスが、軍団により皇帝に推戴された。
フィリップス・アラブスとデキウスはマケドニアのベロアエで決戦となり、フィリップス・アラブスは戦死した。
息子、フィリップ2世も親衛隊に殺された。


フィリップ2世
在位247-249年
フィリップス・アラブス帝と妻オタキラ・セウェラの1人息子。
244年、ゴルディアヌス3世の帝位を奪って皇帝に即位したフィリップス・アラブスは、247年に4歳か5歳の息子フィリップス2世にアウグストゥスの称号を与え共治帝とした。
249年、モエシア総督デキウスが皇帝に推戴され、父フィリップス・アラブスが戦死した後、ローマに居たフィリップ2世は親衛隊に殺害された。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ