古代ローマコイン 帝政期 フィリップス・アラブス 246年 アントニニアヌス銀貨  フィリップス・アラブス肖像 フェリキタス神(幸運の女神)

古代ローマコイン 帝政期 フィリップス・アラブス 246年 アントニニアヌス銀貨  フィリップス・アラブス肖像 フェリキタス神(幸運の女神)
古代ローマコイン 帝政期 フィリップス・アラブス アントニニアヌス銀貨

246年、ローマ発行

オモテ: IMP M IVL PHILIPPVS AVG (Imperator Marcus Julius Philipus Augustus インペラトル マルクス ユリウス フィリップス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけた右向きのフィリップス・アラブス肖像

ウラ:P M TR P III COS PP (Pontifex Maximus Tribunitia Potestas III Consul Pater Patriae ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官) トリブニキア・ポテスタテ(護民官職権)3回 コンスル パテル・パトリアエ(国父))
ケリュケイオンと豊穣の角を持ったフェリキタス神(幸運の女神)立像

サイズ:4,05g 22mm

フィリップス・アラブス
在位244-249年
アラビアのフィリッポポリス出身。フィリップス・アラブスのアラブスは出生地アラビアに由来する。
ゴルディアヌス3世の親衛隊長に登りつめたフィリップス・アラブスは、244年、ゴルディアヌス3世の帝位を奪って皇帝に即位した。
即位後すぐに、ローマを立ちドナウ川国境でゲルマン人征伐にあけくれた。
247年、4歳か5歳の息子、フィリップ2世にアウグストゥスの称号を与え共治帝とした。
248年、ローマ建国千年祭を開催した。
249年、ドナウ川国境に派遣されていたモエシア総督デキウスが、軍団により皇帝に推戴された。
フィリップス・アラブスとデキウスはマケドニアのベロアエで決戦となり、フィリップス・アラブスは戦死した。
息子、フィリップ2世も親衛隊に殺された。

248年のローマ建国千年祭のコイン
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ