古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 239年 アントニニアヌス銀貨 ゴルディアヌス3世肖像 19歳で殺害されたゴルディアヌス3世のコイン

古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 239年 アントニニアヌス銀貨 ゴルディアヌス3世肖像 19歳で殺害されたゴルディアヌス3世のコイン
古代ローマコイン 帝政期 ゴルディアヌス3世 アントニニアヌス銀貨

239年、ローマ発行

オモテ:IMP CAES GORDIANVS PIVS AVG (Imperator Caesar Gordianus Pius Augustus インペラトル カエサル ゴルディアヌス ピウス アウグストゥス)
放射光状王冠をつけた右向きのゴルディアヌス3世の肖像

ウラ:P M TR P II COS P P (Pontifex Maximus Tribunicia Potestate iterum Consul Pater Patriae ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官) トリブニキア・ポテスタテ(護民官職権)2回 コンスル パテル・パトリアエ(国父))
祭壇の前で献酒するゴルディアヌス3世の立像

サイズ:4,11g 22mm

ゴルディアヌス3世

ゴルディアヌス3世彫像 オスティア出土 ローマ国立博物館
在位238-244年

ゴルディアヌス1世の孫。
プピエヌスとバルビヌスが親衛隊に斬殺された後、カエサルの称号を得ていた13歳のゴルディアヌス3世が皇帝に即位した。
242年ペルシア遠征で勝利をおさめるも、親衛隊長フィリップス・アラブスに帝位を奪われ、わずか19歳で殺害された。


コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ