古代ローマコイン 共和政期 前113-112年 ルキウス・マルキウス・フィリップス デナリウス銀貨 マケドニア王フィリッポス5世肖像 祖先のマケドニア外交功績を表したローマコイン

古代ローマコイン 共和政期 ルキウス・マルキウス・フィリップス デナリウス銀貨

前113-112年、ローマ発行

オモテ:右向きのマケドニア王、フィリッポス5世の肖像 ヤギの角飾りのがついた兜を被っている 
頭上にはROMAを示すモノグラム 顎の下にはΦ(フィリッポスの頭文字)

ウラ:L PHILIPPVS (Lucius Philippus ルキウス・フィリップス) 
月桂樹の枝を持った騎士の像 馬の下には花 文字の下にはXVI(16アスを意味する)のモノグラム

サイズ:3,84g 18mm

この貨幣を発行したルキウス・マルキウス・フィリップスの祖先クイントゥス・マルキウス・フィリップスは前186年と前169年のコンスルでマケドニアなどの東方外交で有名な人物。特に狡猾さで有名であった。
第二次マケドニア戦争でマケドニアがローマに敗北した後、マケドニアとローマの間で同盟が結ばれ、王フィリッポス5世の次男デメトリオスは人質としてローマに送られた。
クイントゥス・マルキウス・フィリップスは親ローマとなっていたデメトリオスをそそのかし、マケドニア王の即位を促した。
クイントゥス・マルキウス・フィリップスはフィリッポス5世とその後継者の長男ペルセウスに嫌疑を抱かせることに見事成功した。
反逆の罪でフィリッポス5世はデメトリオスを処刑した。
息子の処刑で健康を害し、その一年後にフィリッポス5世は他界した。

マケドニアは前146年にローマの属州となった。
古代ローマコイン 共和政期 前113-112年 ルキウス・マルキウス・フィリップス デナリウス銀貨 マケドニア王フィリッポス5世肖像 祖先のマケドニア外交功績を表したローマコイン

販売価格: 150,000円(税込)

在庫有り
数量: