古代ローマコイン 帝政期 ハドリアヌス 121年 デナリウス銀貨 ハドリアヌスのコンギアリウムの場面

古代ローマコイン 帝政期 ハドリアヌス デナリウス銀貨

121年、ローマ発行

オモテ: IMP CAESAR TRAIAN HADRIANVS AVG (Imperator Caesar Traianus Hadrianus Augustus インペラトル カエサル トライアヌス ハドリアヌス アウグストゥス)
月桂冠を戴いた右向きのハドリアヌスの肖像

ウラ:PM TRP COS III (Pontifex Maximus Tribunicia Potestas Consul tertius ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官) トリブニキア・ポテスタテ(護民官職権) コンスル3回)
LIBERAL AVG III (Liberalitas Augusti tertius アウグストゥスの贈与 3回目)
トガを着た人物に褒美を与える、壇の上に座る皇帝ハドリアヌス

サイズ:2,75g 18mm


皇帝ハドリアヌスによる市民への贈与(コンギアリウム)の場面が表されたデナリウス銀貨。
コンギアリウム(Congiarium)は、共和政期から行われていた、将軍や高官が市民に直接、金品を贈与した儀式。
帝政期には、皇帝のみが行える儀式となり、即位や戦勝記念時に、兵士、市民に金品が渡された。
このコインのウラ面にはLIBERAL AVG III (Liberalitas Augusti tertius アウグストゥスの贈与 3回目)と刻まれている。
Liberalitasはコンギアリウムを指す。
銘からこのコインが発行されたのは3回目のコンギアリウムが行われた時であったことがわかる。



ハドリアヌス


ハドリアヌス彫像 ナポリ考古学博物館

在位117-138年
トラヤヌスの死後、トラヤヌスと血縁にあったハドリアヌスはトラヤヌスから後継者の指名を受けたと主張し、117年に皇帝に即位。
20年間に渡ってローマを統治したカリスマ皇帝。
ハドリアヌスは旅する皇帝として呼ばれるほどに、在位期間中のほとんどをローマ以外で過ごしている。
特にギリシャ文化への造詣が深く、アテネには何度も訪れた。
またトラヤヌスと同様に、多くの建造物を残した。
中でのローマのパンテオンが名高い。


ローマ、パンテオン


パンテオン、ドーム中央部の窓 建物の中でたった1ヵ所の明かり取り
古代ローマコイン 帝政期 ハドリアヌス 121年 デナリウス銀貨 ハドリアヌスのコンギアリウムの場面

販売価格: 45,000円(税込)

在庫有り
数量: