古代ローマコイン 帝政期 トラヤヌス 101年 セステルティウス銅貨 トラヤヌスの肖像 パックス神

古代ローマコイン 帝政期 トラヤヌス  セステルティウス銅貨

101年、ローマ発行

サイズ:23,93 g 34mm

オモテ: IMP CAES NERVA TRAIAN AVG GERM P M (Imperator Caesar Nerva Traianus Augustus Germanicus Pontifex Maximus インペラトル カエサル ネルウァ トライアヌス アウグストゥス ゲルマニクス ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官))
月桂冠を戴いた右向きのトラヤヌスの肖像

ウラ:TR POT COS IIII P P (Tribunicia Potestate Consul quartum Pater Patriae トリブニキア・ポテスタテ(護民官職権) コンスル4回目 パテル・パトリアエ(国父)) S C(Senatvs Consvlto 元老院の承認を得て)
パックス神の座像 右手にオリーブの枝 左手に長槍

トラヤヌス

オスティア博物館
在位98-117年
ローマ史上、最も偉大な皇帝と呼ばれることが多い人物。
前皇帝にネルウァに後継者に指名され、ネルウァの死後、98年に皇帝に即位。
トラヤヌスは、ダキア、アラビア、パルティアを征服し、トラヤヌスの時代、ローマ帝国の領土は最大となった。
ダキア征服によって、資金に恵まれたトラヤヌスは数々の建造物を帝国に築いた。
中でも現在もローマに聳え立つ、トラヤヌス広場のトラヤヌスの記念柱は素晴らしい。

<トラヤヌスの記念柱>


ローマ、トラヤヌス帝の記念柱

トラヤヌスのダキア征服を記念して113年5月に完成された。
高さが約30メートルにも及ぶこの記念柱は20個の巨大な大理石ブロックで出来ている。
柱には螺旋状にトラヤヌス帝のダキア戦争の様子が彫られている。
柱の最上部には、コイン図像の通り、トラヤヌス帝の彫像が置かれていた。1588年からは聖ペトロの像が建てられた。
117年、トラヤヌスが病死した後、トラヤヌスの遺灰は黄金の壺におさめられ、トラヤヌスの記念柱の基部に安置された。

トラヤヌスの記念柱が表されたデナリウス銀貨 115年発行
古代ローマコイン 帝政期 トラヤヌス 101年 セステルティウス銅貨 トラヤヌスの肖像 パックス神

販売価格: 35,000円(税込)

在庫有り
数量: